診療科・部門のご案内

小児科

初診 午前 山岸
臼井(新)
臼井(新)
(受付10:30まで)
山 岸 長 柄 川 尻
再診 山岸
臼井(新)
川 尻 川 尻 川 尻 臼井(新)
長 柄 - 山 岸 -
午後予防接種
予約外来
水腎症
乳幼児健診
心理外来
予約外来
予約外来予防接種
心理外来
予約外来

※毎月第3木曜日は、特殊外来(小児循環器外来)のため、一般外来は終日休診となりますので、
 ご了承ください。
※毎週火曜日の受付については午前8時30分~午前10時30分までとなります。

専門外来
慢性疾患毎週月(第3以外)・木・金曜日山岸
毎週木・金曜日、毎月第3月曜日 川尻
毎週火(16時~)・水曜日 臼井(新)
予防接種毎週月・金曜日(13時30分~)
乳児健診 毎週火曜日(13時~)  
水腎症 毎週火曜日(14時~)
シナジス 毎週火曜日(9~3月)15時~  
小児循環器外来 毎月第3木曜日岐阜県総合医療センター医師
食物負荷試験 毎週水曜日(13時30分~) 川尻
発達外来毎週金曜日午前
木曜日(第3以外)14・15時
山岸
心理外来毎週水曜日(14時~)奥御堂
毎週金曜日(13時~)渡邊
■ 予防接種
Hib・肺炎球菌・四種・BCG・麻しん・風しん・
日本脳炎・水痘、B型肝炎・おたふくかぜ
毎週月・金曜日13時30分~15時
インフルエンザ毎週月・金曜日 
(10~1月)
15時
子宮頸がん 毎週月・金曜日 16時
トラベルワクチン 山岸の外来で

※ワクチン確保のため前日までに手元に母子手帳を置いて予約をお願いします。

 定期接種では高山市・飛騨市在住の方のHib・肺炎球菌・四種混合・BCG・麻しん風しん・日本脳炎・水痘・子宮頸がんワクチンを行っています。 県内広域化に対応しています。任意としてロタウイルス(ロタリックス)・おたふくかぜ・B型肝炎も行っています。 卵アレルギー等のアレルギー疾患や神経・心疾患・腎疾患など基礎疾患のある方に積極的に相談・接種を行っております。 特別な配慮(皮内テスト・アナフィラキシー対応)が必要と予想される方はかかりつけ主治医より診療情報提供書を出していただきますと幸いです。また海外へ赴任されるご家族の予防接種の支援も行っております。上記のほかに狂犬病・A型肝炎の接種や英文予防接種証明書の発行も行っております。 ご相談ください。

ごあんない

小児科の特色

地域総合母子周産期医療センターとして飛騨地域の周産期医療の要となっています。一般小児科としては 感染症・アレルギー疾患・循環器疾患・呼吸器疾患・神経疾患・内分泌疾患・腎泌尿器疾患・血液疾患など 幅広く診療を行っています。また最近は精神疾患にも積極的に携わっています。 当院のみでカバーしきれない疾患についても他施設との協力により可能な限りの対応を行なわせていただきます。臨床研修病院として初期研修医には少なくとも小児の救急対応が十分にできるように指導を行っています。 また日本小児科学会専門医研修施設に認定されています。

外来

主として午前中は一般外来、午後は慢性疾患外来・乳幼児健診・予防接種などを行っています。かかりつけの先生医よりご紹介の依頼がありましたら、内容に応じて診察医の決定、必要な問診票の送付、必要な検査の予約等スムーズな診察が可能なように対応を考えております。 毎月第3木曜日は小児循環器外来のため予約外来はお休みさせていただいています。急な受診が必要な場合は、感染防止に配慮し、診察時間を指定させていただきますのでご協力をお願いいたします。 夜間・土曜日は小児科医による日宅直はありません。原則として日当直医師が診察の上必要に応じて小児科医が相談させていただいています。日曜日・祝日には小児科医が日直しております。午後からはメディカルスタッフが手薄になりますので午前中に受診していただくと幸いです。

周産期医療

当院未熟児センターでは原則在胎30週以降、1,000g以上の新生児の受け入れを行っております。在胎週数30週未満で出生の可能性の高い場合は岐阜県総合医療センター等の高次周産期施設への母体搬送をお願いしております。30週まで妊娠継続できた場合妊婦さんの逆搬送による対応、生後落ち着いた時点での新生児の逆搬送も可能です。35週以下で出生した児へのRSウイルスモノクローナル抗体(シナジス)の注射は毎年9月以降毎週火曜日の15時30分より行っています。

乳幼児健診

主に当院出生・未熟児センター入院の児の1か月健診・乳児健診(4・7・10か月)、幼児健診(1歳・1歳半・2歳・3歳・5歳)を行っています。 他院で出生の児でも、基礎疾患のある児・里帰り出産の児等も受け入れています。1か月健診ではスクリーニングとして心臓・腎臓の超音波検査を行っており、重症の心疾患や水腎症などの早期発見に努めています。 尿路奇形があると尿路感染症を起こしやすく、発症後有効な治療が24時間以内に行われないと腎臓に瘢痕化を残し、腎不全の原因になると言われています。

医師の紹介

第一小児科部長
山岸 篤至 やまぎし あつし
専門分野 地域小児科学、発達障害、小児神経学、小児保健、母乳と薬、研修医教育
専門医・認定医 日本小児科学会認定医・専門医
産科医療補償制度診断協力医
身体障害者保険法指定医師
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
第二小児科部長
川尻 美和 かわしり みわ
専門分野 小児アレルギー
専門医・認定医 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医(小児科)
第一小児科副部長
臼井 新治 うすい しんじ
専門分野 小児一般
専門医・認定医 日本小児科学会専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医
日本小児感染症学会小児感染症認定医
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)インストラクター
ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター


第二小児科副部長
反中 絵美 たんなか えみ
専門分野 小児一般
専門医・認定医 日本小児学会専門医
日本血液学会血液専門医
医師
長柄 俊佑 ながら しゅんすけ
専門分野 小児一般
専門医・認定医 日本小児学会専門医
日本周産期・新生児医学会専門医

このページの先頭へ
© Japanese Red Cross Takayama Hospital. All Rights Reserved.