病院のご案内

国内災害救護

日本赤十字社は災害救護を使命のひとつとしております。
また、日本赤十字社は災害対策基本法により「指定公共機関」として位置付けられ、災害救助法においては、国および都道府県の救助活動に協力する義務が規定されています。
これらを踏まえ、日本赤十字社は救護規則、防災業務計画等を定め、災害救護を展開しています。
このため、高山赤十字病院では災害救護活動に必要な知識・技術の習得と迅速な行動力を養うための訓練を行っています。

救護班

医師を班長に、看護師長、看護師(助産師)、薬剤師、主事から構成した救護班を5個班編成しています。 災害に備えて全員が災害救護に必要な訓練を実施しており、出動命令にいつでも対応できるように、自院救護班救護訓練や日本赤十字社岐阜県支部の救護班集結訓練・日本赤十字社第3ブロック支部合同災害救護訓練に参加しています。また、毎年開催されている高山市総合防災訓練にも1個班派遣し訓練に参加しています。 災害救護現場で使用する救護資器材の点検も毎月行い、万一の災害に備えて、いつでも出動できる体制を整えています。

訓練の様子

災害派遣医療チーム(DMAT)

災害派遣医療チーム(DMAT)は、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
医師、看護師、業務調整員で構成されており、当院では2チームを編成し、いかなる時でも出動できるよう万全の体制を整えています。

救護活動

救護出動一覧
災害 ・ 支援事業 派遣人数
平成 7年 1月 阪神淡路大震災 3班(20名)
平成 12年 4月 有珠山噴火災害 3名
平成 16年 10月 台風23号災害 1班(4名)
平成 16年 11月 新潟中越地震 1班(8名)
平成 19年 3月 能登半島地震 1班(7名)
平成 19年 7月 新潟中越沖地震 1班(8名)
平成 23年 3月 東日本大震災  救護班
                   災害対策本部支援
                 病院支援
                 こころのケア
8班(55名)
3名
3名
3名
平成25年 8月 いわき市浪江町住民健康調査支援 1名
平成26年 9月 御嶽山噴火災害(DMAT派遣) 1班(5名)
平成28年 4月 熊本地震     救護班
                 病院支援
                 こころのケア
1班(9名)
2名
1名


御嶽山噴火災害: DMAT派遣


御嶽山噴火災害: 診療風景

 

熊本地震: 南阿蘇中学校を拠点に活動


熊本地震: 巡回診療のための打ち合わせ

 

熊本地震: 救護所での診療


熊本地震: こころのケア活動






このページの先頭へ
© Japanese Red Cross Takayama Hospital. All Rights Reserved.