病院のご案内

高山赤十字病院沿革

明治32年 1月飛騨三郡立大野郡病院として創立
大正11年 11月日本赤十字社岐阜県支部斐太療院として発足
大正12年 4月岐阜県看護婦養成所高山支所を開設
昭和 5年 7月日本赤十字社岐阜県支部斐太病院に改称 病床数95床
昭和12年 4月病床数105床
昭和18年 1月高山赤十字病院に改称
昭和20年 9月病床数117床
昭和22年 7月保険医療機関に指定
昭和25年 10月病床数150床
昭和25年 12月綜合病院高山赤十字病院に改称
昭和28年 8月病床数260床(一般150床 結核110床)
昭和33年 10月基準看護(一般2類 結核3類) 承認
昭和39年 9月病床数260床(一般180床 結核80床)
昭和40年 3月救急病院に指定
昭和42年 5月病床数307床(一般180床 結核80床 未熟児・小児47床)
昭和44年 4月病床数307床(一般277床 結核30床)
昭和47年 5月基準看護特類承認
昭和48年 9月病床数330床(一般330床 結核病床廃止)
昭和50年 7月基準看護特2類承認
昭和51年 5月病床数360床(一般360床)
昭和53年 3月診療本館増改築工事完成
昭和56年 2月臨床研修病院に指定
昭和56年 4月地域医療研修センター病院に指定
昭和57年 4月 病床数520床(一般520床)
昭和58年 11月第二病棟(旧南病棟)・救急室・リハビリ施設等増改築工事完成
昭和63年 3月外国医師臨床修練病院に指定
平成 2年 2月看護専門学校・学校宿舎・看護婦寮移転新築工事完成
平成 3年 4月病床数540床(一般540床)
平成 4年 10月第一病棟(第3次救命救急センター並びに、手術室、給食施設等含む)増改築工事完成
平成 4年 12月救命救急センター運用開始
平成 6年 5月基準看護特3類及び夜間看護加算承認
平成 6年 6月診療本館増築工事完成
平成 6年 10月新看護体制移行(2.5対1A看護 10対1看護補助)
平成 7年 3月駐車場整備及び外構工事完成
平成 8年 10月看護基準・新看護体系2対1Aに変更
平成 8年 12月地域災害医療センターに指定
平成 9年 10月高山赤十字病院保健施設「はなさと」開設
平成 9年 12月看護基準・新看護体系2.5対1Aに変更
平成10年 7月 臓器提供施設に指定
平成10年 11月療養型病床群開設(40床)
平成11年 4月看護基準・新看護体系2対1Aに変更
平成12年 1月訪問看護ステーション開設
平成12年 7月リハビリテーション科を新設
平成13年 4月病診連携室開設
平成14年 2月統合医療情報システム開始(電子カルテシステム)
平成15年 5月日本医療機能評価機構認定取得(一般病院 種別B)
平成15年 6月回復期リハビリテーション病棟開設(45床)
平成16年 3月看護専門学校閉校
平成17年 1月地域がん診療連携拠点病院に指定
平成18年 7月DPC対象病院
平成20年 2月岐阜県地域周産期母子医療センターに認定
平成20年 3月療養型病床群廃止(40床)
平成20年 4月病床数506床(一般506床)
平成20年 9月7対1入院基本料に変更
平成21年 4月事業所内託児所開園
平成21年 7月外来化学療法室開設
平成22年 4月高山赤十字病院に改称
平成22年 4月 小児救急医療拠点病院に指定
平成22年 7月助産師外来開設
平成22年 12月病床数491床(一般491床)
平成23年 9月地域医療支援病院に認定
平成24年 4月病床数480床(一般480床)
平成25年 6月入院サポートセンター開設
平成26年 3月 訪問看護ステーション廃止
平成26年 4月 指定居宅介護支援事業所移転
平成27年 6月 病床数476床 (一般476床)
平成27年10月 地域包括ケア病棟開設(48床)
平成29年12月 クリーンルーム(2床)開設  病床数472床(一般472床)
このページの先頭へ
© Japanese Red Cross Takayama Hospital. All Rights Reserved.