臨床研修

研修の概要

名称

高山赤十字病院臨床研修プログラム

理念

医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。

臨床研修の目標

当院は昭和56年2月に臨床研修病院に指定された。当初より研修医には幅広い臨床能力を修得し、日常よく遭遇する疾患に対するプライマリケアができることを目標にしてきたが、今後もこの姿勢を継続する。研修医時代に医師としての基本が形成されることから、臨床能力のみならず人格の涵養も大切とし、人間味ある臨床医を目標にしている。

病院長より

院長 清島満
当院はもうすぐ創立100周年を迎える歴史ある病院です。飛騨地域の中核病院として急性期医療を担い、地域住民から大きな信頼と期待を寄せられてきました。救命救急センターのほかに、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟、老人保健施設も併設し、超急性期から慢性疾患に至るまで、発症時からの一貫したプライマリケアを体験できます。
研修医は指導医のもと年間約3000件の救急搬送に副当直として対応し、多くの救急疾患を学ぶことができます。一方、病棟においては経験豊富な熱意ある指導医によるきめ細かい指導を受けられます。また、研修医による自主勉強会では、通常遭遇する病態・疾患についてプレゼンテーションを行い、他の研修医、指導医と活発な議論を行うほか、各部署の勉強会にも気軽に参加することができます。 このように年間を通じて学習機会が多く、充実した臨床研修を受けられるように積極的な支援を行っています。 外国人観光客が訪れる飛騨高山はインターナショナルな活気に溢れ、美味しい郷土料理や温泉もあります。地域の魅力に触れながら医師としての第一歩を踏み出してみませんか。大いに歓迎致します。

院長 清島 満

プログラム責任者より

地域に根差した救急医療を・・・

高山市は、岐阜県北部の北アルプスと白山連峰に囲まれた人口約9万人が住む飛騨地域の中心都市で、年間約450万人の観光客が訪れる国際観光都市のひとつです。当院は飛騨地域で唯一の救命救急センターに指定されており、東京都の約2倍の広大な範囲を管轄する三次医療機関であるため、重症外傷も含めさまざまな症例が集まります。

私自身は外科医であるとともに、救急医学会指導医として約5年間名古屋第二赤十字病院で救急医療、研修医教育、国際医療救援を行ってきました。都会では患者さんの「たらい回し」というのが問題になりますが、この地域では当院が「最後の砦」として全ての救急患者を受け入れています。もちろん全疾患を当院で完結できるわけではありませんので岐阜大学高度救命救急センターと連携を取ってドクターヘリを活用し、高度先進医療にも対応しています。「都会の救急医療」とは違った、救急隊との顔の見える関係と患者さんへの誠意ある医療の提供を常に心掛けています。また、当院は内科・外科を含め専門科に細分化されていない分、救急医療を通して広い研修が可能です。

パキスタン・アボタバード野戦病院にて入院中の子供たちと
パキスタン・アボタバード
野戦病院にて入院中の子供たちと

赤十字病院は地域に根差した救急医療、災害救護を行うという点で、他の一般病院と異なります。私自身は、阪神大震災の救護活動以来、スーダン、アフガニスタン、パキスタンなどでの国際医療救援を長年行っています。研修医の先生たちには、国内災害救護に参加していただくと医の原点を見つめる良い機会となります。 新臨床研修医制度では約90名の研修医が有意義な研修を積んで岐阜県内、全国に巣立ち活躍しています。近々病院開設後100年を迎えることになり、飛騨地域の救急医療や災害に対応できる新病院を建設する予定です。一度見学してみませんか?

副院長・臨床研修管理委員長 白子 隆志

このページの先頭へ
© Japanese Red Cross Takayama Hospital. All Rights Reserved.